産業保全に


常に余裕をみることの重要性

仕事の流れが一時も途切れることがあってはなりません。生産工程をできる限り円滑に進行させるために、ERNIは 安全関連のアプリケーションで非常に重要や役割を果たすコネクターを開発しています。具体的には、条件監視システムや 予知保全システムなど、あらゆる工程を永続的に監視して必要なときに コントロールに介入するアプリケーションや起こり得る被害を想定して事前に保全手順を予測または計画するアプリケーションで使われるコネクターがそれに該当します。

これらのコネクターは最新の生産基準に対応し、機械の安全性や産業保全に関係するあらゆる要件を満たしています。これは危険物を扱う産業で特に必須の要素と位置づけられます。